外反母趾.INFO

外反母趾.INFO トップ > 外反母趾の進行

外反母趾の進行

外反母趾はその進行の度合いによって、可逆期、拘縮(こうしゅく)期、進行期、終末期に分けられます。

【 可逆期 】

可逆期は外反母趾の1番軽い段階で、足の親指が外側に曲がっていても内側に曲げようと自分で力を入れたり、外から力を加えれば指の位置が元に戻る時期です。
靴をはいている間は親指が押されて外反していても、靴を脱げば筋肉や関節包靱帯などの伸縮力によって元に戻ります。
しかし徐々に靭帯や筋肉などの伸縮性が失われ、最終的には外反母趾になってしまいます。
可逆期とは自分の力で親指を戻すことができる、いわば外反母趾になる一歩手前の状態なのです。

【 拘縮期 】

可逆期から外反母趾が進むと、拘縮期になります。
長い間外反母趾が続いていると内側の関節包や靱帯が縮んでしまい、親指を外側に曲げる内転筋が短くなり、拘縮が起き、外転筋や手の指で足の親指を正常な位置に戻そうとしても元に戻らなくなります。

【 進行期 】

外反母趾が続くと、親指の付け根の関節が親指を曲げる母趾屈筋腱の上から内側に外れてしまいます。
X線撮影で見てみても、親指の付け根の関節が外側に脱臼しそうになっているのが分かります。
こうなると、足の指を曲げたり伸ばしたりする力が親指を外側に曲げ、第一中足骨を内側に広げるように働くので、もはや立って歩こうと親指に力を入れるだけで親指が外側に曲がってしまい外反母趾がどんどん悪化します。

【 終末期 】

更に外反母趾が進行していくと、ついには親指は第二指の下にもぐり込む、あるいは上に乗ってしまい、親指の付け根の関節は脱臼します。
こうなると、親指を踏み返すのが難しくなり、歩行が困難になり、足本来の機能が失われてしまいます。
しかし、腱が親指を引っ張っても脱臼して回転中心を失っているので、もはやこれ以上外側には曲がりません。