外反母趾.INFO

外反母趾とは

外反母趾は、足の親指が外側(小指側)に曲がる病気です。
親指の曲がりがひどくなると、足が痛くて歩けなくなり、足は変形して普通の靴が履けなくなります。
痛くて無理な歩き方を続けていると、脚が疲れやすく、膝や股関節まで痛みます。

外反母趾の症状が軽いうちは、きつい靴を履くのをやめると痛みは和らぎます。
しかし、一度外反母趾になると、痛みが軽くなっても歩くだけで自然に親指の曲がりは進行していきます。
痛みが軽くなったといって油断すると、年をとってから変形がひどくなり、痛みも再発してしまうことになるのです。

外反母趾が進むと、親指以外の指も外側に曲がったり、脱臼したり、槌趾(つちゆび:足の指)が「くの字」に曲がって固まってしまい伸ばすことが困難な状態になったりします。
足全体が扁平足や開張足になり、足の裏や小指の方まで痛みが広がってしまいます。

最後には靴をはかなくても、痛くて歩けなくなります。
ここまで進行してしまうと手術しか手がありません。
それどころか、手遅れになってしまって手術をしてもなかなかよくならないのです。

オススメサイト